新しい情報

CSPI-EXPO 建設・測量現場生産性向上展

CPDSセミナー

「快適トイレ」のよる

生産性向上がもたらすもの

-求められる「快適トイレ」と

災害時トイレの完成性について-

参加無料:当日会場にて10分前までにお申込みください

3/11を前に、当会代表幹事からの

ご挨拶を掲載いたします。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年の歳月が流れました。その 後も日本各地で豪雨や地震による災害が発生していて、緊急時の支援、とりわけ 仮設トイレや携帯トイレの重要性が高まってきております。当災害仮設トイレ研究会では、災害時の仮設トイレ・携帯トイレの普及について、今後もより一層の活動に取り組んでまいります。

災害・仮設トイレ研究会 代表幹事 

軍記 伸一

​災害・仮設トイレ研究会とは

当研究会は、一般社団法人日本トイレ協会の下部組織として、

災害時のトイレ事情の改善を目指して様々な活動を行うことを目的とする組織です。

※詳しい活動内容はこちらをご覧ください。

自治体での災害時の

トイレ対応に悩んでいる・・・

家庭での

災害用トイレの備蓄を!

と言われても

どれぐらい必要なのか

かわからない・・・

災害時に洋式の

仮設トイレって届くのかな・・・

これらの問題を解決する為に様々な活動を行います!